お知らせ

水害って何?

水害
今回は「水害」についてお話をしたいと思います。


7月は大雨で川が決壊し、日本列島に大きな被害をもたらしました。
昨年の福島県に続き、今年は熊本県の球磨川で大きな被害か出ました。 
一方で今年はまだ台風が少なく珍しい年になっておりますが、
これから台風が日本列島にたくさん来るとの予測も出ております。

皆さんは「水害」というとどのようなイメージをお持ちでしょうか?


住居に起こるものには以下のようなものがあります。

大雨の結果近くの川が決壊し、住宅が床上浸水し、被害が出た。→水災補償
大雨の結果山の斜面が土砂崩れを起こし、住宅に土砂が流れ込み被害が出た。→水災補償

一方で、こちらの3つのケースはどう思われますか?

①台風が来た時に、強風で屋根瓦が飛び、室内に大雨が入り込み室内全体の改修工事が必要になった。
②マンションの上階との間の排水管が破損し、住居部分に水濡れが発生し、壁紙とフローリングを修理しなくてはいけなくなった。
③隣家が火事を出し、消防車の沈下作業の放水で自宅が濡れすべての壁紙と畳を交換した。
上記は実は【水害】ではないのです。


ちなみに①は風災、②は水濡れ事故 ③は火災なんです。

正解されましたでしょうか?

  改めてお話しするとそのとおりだと納得いただくのですが、勘違いされている方も多くいらっしゃいます。
今後台風多発も予測されておりますので、台風で被害があった時にしっかり修理費用が出るように、補償の確認をおすすめしております。

2020年9月9日時点のものです。商品改定等により現在と補償内容が異なる場合がございます。

関連記事

  1. 10 『サイバーリスク』について
  2. 2 コロナ融資について
  3. 3 地震保険について
  4. 8 『公的年金』について
  5. 2 『感染症補償』について
  6. 画像3 介護資金について
  7. ppg_dourotokurumaminicyua_tp_v 自動車税の納期限は5月31日です。
  8. YUUKI150321200I9A4368_TP_V4 控除証明書を提出する前に一度ご確認ください
PAGE TOP